モバイルバッテリー

By admin  

無い袖は振れない。スマホは非常に多機能かつ、高性能であるが、それゆえに電池の消費も半端ない事になっている。多くのスマホは旧来のガラケーに比較すればバッテリーの容量的には倍かそれ以上の物を搭載しているが、2倍では済まない勢いで電力を食いつぶす。その為、電池切れまでの猶予はガラケーと比較しても格段に短い物となった。今後もコンピューター分野の発展は日々続き、それは同様にスマホの機能向上にも繋がるのだが、コンセントから電源を確保できるPCとは違い、携帯端末の場合はバッテリーも同様に進化しない事には、そこがネックとなり、進化にはブレーキがかかるかもしれない。そうなると逆のアプローチとして「低電力」で稼働可能なデバイスという方向に進化する必要も迫られている。スマホ用のアプリを見回してみても「バッテリー」の消費を抑える系の物も多いが、現状では焼け石に水と言った所か。現状でヘビーに使い倒すのであれば「モバイルバッテリー」の携帯も不可欠となっている。緊急時にはコンビニなどでも購入可能な「乾電池」を用いるタイプや、「モバイルバッテリー」自体の充電には長い時間を要するが、一台でスマホのフル充電10回分ほどの電気を持ち運べる物が人気商品となっており、利便性から見れば比較的安価にも出回っている。これはこれで「歴史は繰り返す」という部分を見ているようでなんとも興味深い。20年以上前の話になるが、携帯ゲーム機の先駆けたる存在が発売された時の話だ。この時代は単純に単三電池を用いてゲーム機を稼働させていたが、電池切れは早く、大量の燃えないゴミを生み出すというのは中々に困り物であった。そこに登場したのが、持ち運び可能な携帯バッテリーで、屋内であればコンセントに接続し直接電源を取ることもできた。コスパ的に考えれば乾電池を都度購入するより、このバッテリーを複数持ち歩く方が良いと気付いた。スマホを外でガンガン使い倒すのであれば「電源問題」は無視できない。普段の移動が「車」と言うのであればシガーソケットから電力を得ることも可能だ。今後も電源問題を置き去りにスマホの進化が続くようであれば、そういった電源周りの問題は別途解決する必要にも迫られる。そのうち「純正の付属品」として携帯バッテリーが標準装備になるかもしれない。何らかのブレイクスルー無しには今の形のまま進化するのは難しい局面にスマホは立たされている。実験段階の話で言えばワイヤレスで電気を供給する事には成功しているが、実用化の目処はまだまだと言う所だ。夢のフリーエネルギー。できれば生きている内にお目にかかりたいものだ。


Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*