“カシオ、モータースポーツにインスパイアされたデザインのスマホ連携腕時計

By admin  

カシオ計算機株式会社は、モータースポーツにインスパイアされたデザインの腕時計「RACE LAP CHRONOGRAPH EQB-800」シリーズ3モデルを8月10日より順次発売します。ラインナップおよび税別価格、発売日は、ブルーベゼル/IP処理/メタルバンドの「EQB-800DB-1A」が5万円で8月10日、シルバーベゼル/IP処理なし/メタルバンドの「EQB-800D-1A」が46,000円で8月10日、ブラックベゼル/IP処理/革バンドの「EQB-800BL-1A」が48,000円で9月8日です。スマートフォンと連携し、タイムサーバーを利用した正確な時刻取得が可能な“EDIFICE”ブランドの腕時計。カーレースの緊張感や臨場感をデザインと機能で表現したということです。日本のプロレーシングチームのアドバイスを受け、目標タイムに対するラップタイムの差を直感的に把握できる「ターゲットタイムインジケーター機能」を搭載しています。目標タイムの10秒前からカウントダウンし、高速で走行するレーシングカーが戻るタイミングを計れるため、チームスタッフはドライバーに的確なサインボード掲出を、観戦者は応援する車金の前を通過するタイミングを把握できるるようになっています。また、時計で計測したラップタイムは専用アプリ上でリスト/グラフ表示が可能で、目標タイムを上回った周回のハイライト表示ができ、時計単体では難しい、スマートフォンと連携した本製品ならではの表現を実現しました。10気圧防水で、電源はタフソーラーを採用しています。パワーセービングモード状態で約25カ月の連続稼動が可能です。


Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*