テレワークによる従業員側のデメリット

By admin  

数多くのメリットがあるテレワークですが、企業側だけではなく従業員側にも課題となるデメリットがあります。
その従業員側のデメリットはコミュニケーション不足や労働時間の長期化、時間の管理や運動不足などが挙げられます。
テレワークは基本的に自宅などで一人で作業しますので、必要なことがない限り誰ともコミュニケーションをとることがありません。
これがコミュニケーション能力の低下を招き、いざコミュニケーションをとろうとしても上手く伝えられないことがあるのです。
労働時間の長期化はいわゆる残業が増えてしまうことがありますし、時間の管理は慣れないテレワークで起こりやすい問題となります。
時間配分がうまくできなくて作業効率の低下を招いてしまいます。
運動不足はテレワークでも在宅勤務でよくあることで、通勤がないことだけではなくパソコンを使って作業しますので体を動かすことがほとんどありません。
また、仕事内容が限られてしまうことも課題と言えるでしょう。


Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*