政府が取り組んでいるテレワークの普及や推進

By admin  

テレワークの普及率は徐々に高くなっていますが、その要因の一つとして日本政府の取り組みがあり、テレワークの普及と推進に取り組んでテレワーカーの増加を目指しています。
では、政府はテレワークの普及推進でどのようなことに取り組んでいるのでしょうか。
テレワークの普及推進に向けた政府の取り組みは大きく分けて4つに分けることができ、内閣府、総務省、厚生労働省、国土交通省となります。
内閣府では働き方改革担当大臣の新設や国家公務員のテレワーク導入、総務省ではふるさとテレワーク推進事業や企業や自治体へのテレワーク専門家派遣、テレワーク導入企業の情報を検索できるデータベースの構築などです。
厚生労働省ではテレワークに関する相談や訪問コンサルティングの実施、テレワークモデルの構築や普及、両立に関するテレワーク活用事例の作成や周知などです。
国土交通省ではテレワーク人口実態調査の実施や展開拠点構築検討調査の実施などです。


Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*