テレワークの現状とは?

By admin  

テレワークは場所や時間にとらわれない働き方の一つで、情報通信技術を活用して柔軟な働き方ができると注目されていますし、実際に導入している企業もあります。
このテレワークの現状は決して良い傾向にあるとは言えず、総務省が発表した調査結果によりますと、テレワークを導入している企業の割合は約9%となっており、資本金50億以上の企業では約38%とされています。
また、国土交通省の調査結果では2014年で約550万人がテレワークしているとされており、週1日以上終日在宅で働くテレワーカーは約220万人ということです。
数字だけ見ても分かりにくいかもしれませんが、テレワークはまだまだ普及していないと言えるでしょう。
テレワークが普及しにくいのには仕事の量が少なかったりコミュニケーションが取りづらいなどの様々な理由が挙げられます。
しかし、IT技術の進歩や働き方改革、補助金の導入などによって、テレワークはこれから普及していくと思われます。


Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*