テレワークに関する助成金

By admin  

テレワークを普及させるために国は助成金を支給する制度を設けています。
これはテレワークを導入した企業やテレワークによって一定の成果をあげた企業に対して支給しており、職場意識改善助成金(テレワークコース)となっています。
この助成金制度の対象となるのは、まず労災保険に加入していることが必要となり、そこから業種ごとに定められた資本金や出資額、常時雇用の労働者数という条件を満たさなければいけません。
また、対象となる要件として新たにテレワークを導入する事業主であることや継続して実施し続けること、在宅やサテライトオフィスでのテレワーク導入に積極的であることやある程度の成果が見込めることです。
それと、職場意識改善助成金を利用する場合に一つ以上を実施しなければいけない取り組みもありますし、国が定めた成果目標をクリアしなければいけません。
こうしたテレワークに関する助成金が利用できれば、更にテレワークは普及されるのではないでしょうか。


Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*