大同生命保険株式会社のテレワーク

By admin  

ワークライフバランスの向上と推進、生産効率の向上などを目的としてテレワークを導入した企業が大同生命保険株式会社です。
この企業のテレワークは本社では平均で月2~4回、支社では平均で週3~4日という導入日数になっており、テレワーク対象者は本社は全職員で支社では全営業担当者となっています。
また、サテライトオフィスでのテレワークをトライアルで導入し始めていますし、育児休暇中の職員がスムーズに復職できるように会社情報閲覧用のノートパソコンを貸与しています。
それと、テレワークを充実させるための会議や電話、メールを効率化させる仕事スリム化運動を推進していますし、営業担当者の負担を継続させるために様々な手続きの削減や簡素化などにも取り組んでいます。
こうしたテレワークによって一人あたりの月平均残業時間数が減少していますし、テレワークを利用した従業員のほぼ全てがワークライフバランスの充実や生産効率の向上を実感しています。テレワークとは


Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*