富士通株式会社のテレワーク

By admin  

情報処理システムや通信システム、電子デバイスなどの製造や販売を展開している企業に「富士通株式会社」という大手企業があります。
この企業ではテレワークを導入しており、対象者は全社員で週に2~3回の実施日数となります。
また、テレワークを実施するときは上司が認めた場合となっており、仮想デスクトップやシンクライアントパソコンなどのICTを活用してセキュリティ環境をグローバルで統一したシステム環境を導入しています。
それに、テレワークの活用シーンや事例などを冊子にして説明会やサイトなどで説明していますし、社長のトップメッセージでテレワークの推進の狙いを説明しています。
このようなテレワークを導入したことで社員のワークライフバランスの満足度が向上しましたし、テレワークやフレックスタイム制度を利用する社員が増加しました。
更には時間外労働や休日労働が減少しましたし、時間意識をもった働き方の実践にもなりました。


Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*