未分類

株式会社ROCのテレワーク

テレワークを導入している企業は多くなってきましたが、そのテレワークを導入している企業の一つに「株式会社ROC」という企業があり、主にSNSアカウント運用代行やWeb広告運用代行、SNSコンサルティングを展開しています。
この企業のテレワークは全社員が対象者となっており、実施日数は月に10回以上ということです。
基本的にテレワークは社員の裁量によって実施しており、業務の効率化は勿論のこと、通勤や電気代などの様々なコストを削減するためにテレワークを認めています。
また、社員間のコミュニケーションがうまく取れるようにスカイプやチャットツールを積極的に活用していますし、常に最適なものを使えるように定期的な見直しに取り組んでいます。
このようなテレワークを実施した結果、経費削減効果だけではなく、テレワークという多様な働き方を許容したことで事業の拡大に成功していますし、優秀なフリーランスの採用にも成功しました。

株式会社キャスターのテレワーク

オンラインアシスタントサービスやデザインエージェンシーなどを展開する企業に「株式会社キャスター」という情報通信業の企業があります。
株式会社キャスターはテレワークを前提で組織を構築しており、全社員をテレワークの対象にして必要に応じて実施しています。
この企業のテレワークは上限日数がありませんので必要と感じたら何日でもテレワークを実施することができますし、実施する時の申請が必要ありませんので新入社員でも初日からテレワークを実施することができます。
また、オンラインで完了させれる選考フローを採用していますのでどこに住んでいても採用活動を行うことができます。
それと、移動や業務などの就業に関わる時間のうち、移動をなくして生産性を向上させることを目指しています。
こうしたテレワークを導入した結果、短期間で多くの人員を確保できるようになりましたし、実際に採用募集を行うと月に500件~1000件くらいも応募があるということです。参照URL

大同生命保険株式会社のテレワーク

ワークライフバランスの向上と推進、生産効率の向上などを目的としてテレワークを導入した企業が大同生命保険株式会社です。
この企業のテレワークは本社では平均で月2~4回、支社では平均で週3~4日という導入日数になっており、テレワーク対象者は本社は全職員で支社では全営業担当者となっています。
また、サテライトオフィスでのテレワークをトライアルで導入し始めていますし、育児休暇中の職員がスムーズに復職できるように会社情報閲覧用のノートパソコンを貸与しています。
それと、テレワークを充実させるための会議や電話、メールを効率化させる仕事スリム化運動を推進していますし、営業担当者の負担を継続させるために様々な手続きの削減や簡素化などにも取り組んでいます。
こうしたテレワークによって一人あたりの月平均残業時間数が減少していますし、テレワークを利用した従業員のほぼ全てがワークライフバランスの充実や生産効率の向上を実感しています。テレワークとは

テレワークだけではない「みずほフィナンシャルグループ」

パソコンやタブレット端末、スマートフォンなどのITツールを活用して仕事をする働き方の一つにテレワークがあり、実際に自宅やサテライトオフィスなどでテレワークを行っている企業もあります。
そのテレワークを導入している有名企業に「みずほフィナンシャルグループ」があり、在宅勤務制度を全社員を対象にしていますし、主に育児や介護を必要とする人のために独自のワークライフバランス支援制度を打ち出している企業です。
この企業のテレワークは会社から支給されるタブレット端末を利用し、業務だけではなくテレビ電話を利用して会議に参加することもできます。
また、育児休暇を取る場合は子供が2歳になるまで可能ですし、育児による残業の免除や時差出勤などは小学3年生になるまで認められています。
こうしたみずほフィナンシャルグループはテレワークだけではなく育児休暇も充実していますので、育児を必要とする女性にとってすごく働きやすい環境が整っていると思います。

日本航空株式会社のテレワークとは

航空業界大手である日本航空株式会社ではテレワークを導入しており、生産性の向上を目的として2014年からトライアルを実施し、様々な課題を解決して改善しながら翌年の2015年にはテレワーク制度を設けています。
この日本航空株式会社のテレワークは在宅勤務が行える日数を週に1回としていますし、在宅勤務に直行直帰などを組み合わせて利用することもできます。
また、所定労働時間を勤務すれば勤務時間の一時中断が認められる分割勤務制度もありますし、業務開始時間を個々で選べる勤務時間選択制度も設けられています。
労務管理のルールは勤務時間選択制度においてはメールで前日までに申請し、セキュリティ面でも様々なルールが決められています。
このような日本航空株式会社のテレワークは、航空業界では初となるテレワーク推進賞会長賞などを受賞する先進的な存在となっていますので、航空業界におけるテレワーク推進パイオニアと言えるでしょう。

テレワークと猛暑

記録的で命に関わる猛暑が続いていましたが、そんな猛暑の中で仕事に行くのは誰でも嫌ですし、営業で外回りなんてしたくないものです。
そうした猛暑の時に良いのがテレワークという働き方ではないでしょうか。
在宅勤務のテレワークなら移動することがありませんので猛暑で悩まされることはありませんし、熱中症になることもありません。
こうした猛暑の時に良いテレワークですが、実際に「猛暑テレワーク」を導入している企業があります。
この猛暑テレワークを導入している企業はインフォテリアで、予想最高気温が35度以上の日はテレワークを推奨するということです。
気象庁から毎朝発表される予想最高気温を入手し、猛暑日が予想されたら社員のスマホに連絡します。
その連絡を受けた社員はアプリを利用してテレワークを申請することができます。
2015年に導入された時は利用率が低かったのですが、今年は記録的な猛暑が続いたこともあって利用率が大幅に上がりました。

テレワークで仕事を探すには

テレワークが普及することによって少子高齢化対策の推進や地方創生、環境負荷の軽減やワークライフバランスの実現などが期待できます。
そのテレワークは補助金の導入などもあって今後は更に普及していくと考えられますが、在宅ワークで仕事を探すにはどうしたら良いのか分からない人もいるのではないでしょうか。
テレワーカーで在宅ワークの仕事を探すときはクラウドソーシングサイトで探すのが良いでしょう。
クラウドソーシングサイトは在宅ワークの仕事をたくさん掲載しており、ちょっとしたお小遣い稼ぎの仕事から高収入が見込める仕事まであります。
サイトによって様々な仕事がありますので、自分に合った仕事を見つけて稼ぐことができるでしょう。
こうしたテレワークで仕事を探せるクラウドソーシングサイトには、日本最大級となるランサーズや利用者数が多いクラウドワークス、主婦のためのシュフティや得意な事を生かせるココナラなどがあります。

テレワークと社内ルール

テレワークは情報通信技術を活用した柔軟な働き方の一つであり、あらかじめ決められた場所で働くのではなくオフィス以外の離れたところで働くことができます。
このテレワークを導入する企業は増えてきていますが、そのテレワークを導入するときに重要となるのが社内ルール作りです。
テレワークを導入するときの社内ルールとは、テレワークをする人のテレワーカーに関わる就業条件などの決まりごと全てを言い、労働時間、給与や手当、作業環境、作業管理、セキュリティ、負担費用、教育訓練や研修などです。
また、ポイントとなるのは、勤務規定は就業規則に含まれることや勤務規定を作成・変更したときは所轄労働基準監督署に届けることなどが挙げられます。
それと、社内ルール作りの手順でポイントとなるのが、テレワークの形態に関して定める事項について、既存の規則で対応できるかなどを検証することです。
このようにテレワークと社内ルール作りには深い重要な関係があります。オフィスでの働き方をそのままテレワークに可能できるなRsupport Worksソリューション

テレワークとセキュリティ対策

オフィス以外の様々なところで仕事ができるテレワークは、場所にとらわれずに柔軟に働くことができますので注目されるようになりました。
このテレワークで注意しておきたいことの一つがセキュリティ対策です。
テレワークでは公衆回線でインターネットに接続することもありますので不正アクセスやコンピューターウィルスによる不正プログラムなどの脅威がありますのでセキュリティ対策は万全にしておかなければいけません。
そのテレワークでのセキュリティ対策では安全を確保するために、アクセスしてくる端末の状態を確認することや外部からのアクセスは許可した人だけを可能にすること、更にはセキュリティポリシーに応じてテレワーカーが使う端末の種類を選択するなどがポイントとなります。
また、ファイアウォール導入やウィルス対策ソフトウェアの導入、検疫システムの導入や端末操作制御ソフトウェア導入などのセキュリティ対策も行ったほうが良いでしょう。

テレワークに関する助成金

テレワークを普及させるために国は助成金を支給する制度を設けています。
これはテレワークを導入した企業やテレワークによって一定の成果をあげた企業に対して支給しており、職場意識改善助成金(テレワークコース)となっています。
この助成金制度の対象となるのは、まず労災保険に加入していることが必要となり、そこから業種ごとに定められた資本金や出資額、常時雇用の労働者数という条件を満たさなければいけません。
また、対象となる要件として新たにテレワークを導入する事業主であることや継続して実施し続けること、在宅やサテライトオフィスでのテレワーク導入に積極的であることやある程度の成果が見込めることです。
それと、職場意識改善助成金を利用する場合に一つ以上を実施しなければいけない取り組みもありますし、国が定めた成果目標をクリアしなければいけません。
こうしたテレワークに関する助成金が利用できれば、更にテレワークは普及されるのではないでしょうか。