未分類

テレワークと社内ルール

テレワークは情報通信技術を活用した柔軟な働き方の一つであり、あらかじめ決められた場所で働くのではなくオフィス以外の離れたところで働くことができます。
このテレワークを導入する企業は増えてきていますが、そのテレワークを導入するときに重要となるのが社内ルール作りです。
テレワークを導入するときの社内ルールとは、テレワークをする人のテレワーカーに関わる就業条件などの決まりごと全てを言い、労働時間、給与や手当、作業環境、作業管理、セキュリティ、負担費用、教育訓練や研修などです。
また、ポイントとなるのは、勤務規定は就業規則に含まれることや勤務規定を作成・変更したときは所轄労働基準監督署に届けることなどが挙げられます。
それと、社内ルール作りの手順でポイントとなるのが、テレワークの形態に関して定める事項について、既存の規則で対応できるかなどを検証することです。
このようにテレワークと社内ルール作りには深い重要な関係があります。オフィスでの働き方をそのままテレワークに可能できるなRsupport Worksソリューション

テレワークとセキュリティ対策

オフィス以外の様々なところで仕事ができるテレワークは、場所にとらわれずに柔軟に働くことができますので注目されるようになりました。
このテレワークで注意しておきたいことの一つがセキュリティ対策です。
テレワークでは公衆回線でインターネットに接続することもありますので不正アクセスやコンピューターウィルスによる不正プログラムなどの脅威がありますのでセキュリティ対策は万全にしておかなければいけません。
そのテレワークでのセキュリティ対策では安全を確保するために、アクセスしてくる端末の状態を確認することや外部からのアクセスは許可した人だけを可能にすること、更にはセキュリティポリシーに応じてテレワーカーが使う端末の種類を選択するなどがポイントとなります。
また、ファイアウォール導入やウィルス対策ソフトウェアの導入、検疫システムの導入や端末操作制御ソフトウェア導入などのセキュリティ対策も行ったほうが良いでしょう。

テレワークに関する助成金

テレワークを普及させるために国は助成金を支給する制度を設けています。
これはテレワークを導入した企業やテレワークによって一定の成果をあげた企業に対して支給しており、職場意識改善助成金(テレワークコース)となっています。
この助成金制度の対象となるのは、まず労災保険に加入していることが必要となり、そこから業種ごとに定められた資本金や出資額、常時雇用の労働者数という条件を満たさなければいけません。
また、対象となる要件として新たにテレワークを導入する事業主であることや継続して実施し続けること、在宅やサテライトオフィスでのテレワーク導入に積極的であることやある程度の成果が見込めることです。
それと、職場意識改善助成金を利用する場合に一つ以上を実施しなければいけない取り組みもありますし、国が定めた成果目標をクリアしなければいけません。
こうしたテレワークに関する助成金が利用できれば、更にテレワークは普及されるのではないでしょうか。

テレワーク導入で悩まされている人

東日本大震災を一つにきっかけに注目されるようになったのがテレワークです。
それと同時にスマートフォンやタブレットなどの普及も追い風となってテレワーク人口は徐々に増加してきました。
このテレワークをあまり良いと思っていない人が管理職である中間のマネージャークラスの人です。
テレワークは顔を合わせることがありませんしコミュニケーションも取りづらいので、そんな部下のマネジメントに苦労しているようです。
また、日本の企業の働き方には上司の顔色を伺いながら仕事を進める傾向がありますし、部下が目の前で仕事をしているという安心感もあります。
ですので、テレワークという本来ない働き方に戸惑ったり嫌ったりしてしまうのでしょう。
かと言って1日中、部下の仕事をオフィス内で監視するのは大変ですのでテレワークが必要と思う時もあるのではないでしょうか。
こうした問題はコミュニケーションをうまくとったりお互いに理解し合うことで解決できるかもしれません。https://works.rsupport.com

テレワークの現状とは?

テレワークは場所や時間にとらわれない働き方の一つで、情報通信技術を活用して柔軟な働き方ができると注目されていますし、実際に導入している企業もあります。
このテレワークの現状は決して良い傾向にあるとは言えず、総務省が発表した調査結果によりますと、テレワークを導入している企業の割合は約9%となっており、資本金50億以上の企業では約38%とされています。
また、国土交通省の調査結果では2014年で約550万人がテレワークしているとされており、週1日以上終日在宅で働くテレワーカーは約220万人ということです。
数字だけ見ても分かりにくいかもしれませんが、テレワークはまだまだ普及していないと言えるでしょう。
テレワークが普及しにくいのには仕事の量が少なかったりコミュニケーションが取りづらいなどの様々な理由が挙げられます。
しかし、IT技術の進歩や働き方改革、補助金の導入などによって、テレワークはこれから普及していくと思われます。

政府が取り組んでいるテレワークの普及や推進

テレワークの普及率は徐々に高くなっていますが、その要因の一つとして日本政府の取り組みがあり、テレワークの普及と推進に取り組んでテレワーカーの増加を目指しています。
では、政府はテレワークの普及推進でどのようなことに取り組んでいるのでしょうか。
テレワークの普及推進に向けた政府の取り組みは大きく分けて4つに分けることができ、内閣府、総務省、厚生労働省、国土交通省となります。
内閣府では働き方改革担当大臣の新設や国家公務員のテレワーク導入、総務省ではふるさとテレワーク推進事業や企業や自治体へのテレワーク専門家派遣、テレワーク導入企業の情報を検索できるデータベースの構築などです。
厚生労働省ではテレワークに関する相談や訪問コンサルティングの実施、テレワークモデルの構築や普及、両立に関するテレワーク活用事例の作成や周知などです。
国土交通省ではテレワーク人口実態調査の実施や展開拠点構築検討調査の実施などです。

テレワークによる従業員側のデメリット

数多くのメリットがあるテレワークですが、企業側だけではなく従業員側にも課題となるデメリットがあります。
その従業員側のデメリットはコミュニケーション不足や労働時間の長期化、時間の管理や運動不足などが挙げられます。
テレワークは基本的に自宅などで一人で作業しますので、必要なことがない限り誰ともコミュニケーションをとることがありません。
これがコミュニケーション能力の低下を招き、いざコミュニケーションをとろうとしても上手く伝えられないことがあるのです。
労働時間の長期化はいわゆる残業が増えてしまうことがありますし、時間の管理は慣れないテレワークで起こりやすい問題となります。
時間配分がうまくできなくて作業効率の低下を招いてしまいます。
運動不足はテレワークでも在宅勤務でよくあることで、通勤がないことだけではなくパソコンを使って作業しますので体を動かすことがほとんどありません。
また、仕事内容が限られてしまうことも課題と言えるでしょう。

テレワークによる従業員側のメリット

様々な場面で活用されているテレワークですが、事業継続性が注目されるにつれて導入する企業も増えてきました。
このテレワークを利用している人は増加傾向にあり、これはテレワークを利用することで様々なメリットが感じられるからです。
では、テレワークを利用している従業員側にはどのようなメリットがあるのでしょうか?
テレワークを利用する人のメリットは時間や精神的な余裕をもてることや仕事に集中できること、通勤の不要によって働けることなどが挙げられます。
時間や精神的な余裕をもてるのは、家事や育児をこなしてからでも仕事が自宅でできるという余裕がもてることです。
仕事に集中できるのは他に従業員がいないので、音や動きなどを気にせずに集中できるということです。
通勤の不要では家事や育児をこなす女性だけではなく高齢者や障害者なども困難な通勤が不要になります。
また、体が弱い人はインフルエンザなどの流行病などの感染からも身を守ることができるので安心です。

テレワークの自営型とは?

働き方改革などで話題になっているのがテレワークです。
そのテレワークは少しずつですが日本国内でも浸透しており、実際にテレワークで働きながら稼いでいる人もいます。
このテレワークには非雇用型の自営型という分類もあり、内職副業型勤務とSOHO(Small Office/Home Office)に分けることができます。
自営型のSOHOは自ら営業や宣伝を積極的に行って仕事を獲得する必要があり、場合によっては取引先のオフィスへ出向くこともありますが、多くの場合はスカイプやチャットワークなどでコミュニケーションをとります。
内職副業型勤務は在宅ワーク型とも呼ばれており、仕事のほとんどは自宅内で完結させることができますし、専業性が低くて比較的容易な仕事内容になっていますので主婦や学生などに多く利用されています。
このようなテレワークの自営型は、都合が良くてストレスフリーな環境で仕事ができるため、今後も注目されながら利用する人が増えていくと考えられます。

テレワークってなに?

様々な働き方がある中で最近、注目されているのがテレワークです。
テレワークとはICT(情報通信技術)を活用して自宅などのオフィス以外で働く勤務形態のことを言い、別の呼び方として在宅勤務やリモートワークなどと呼ばれています。
また、テレワークは遠距離や離れたところを指す「tele」と、仕事や働くという意味がある「work」を組み合わせた人事労務用語とされています。
このテレワークには厚生労働省と総務省が定めた定義があり、テレワークを推称している総務省では「ICT(情報通信技術)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方」としています。
厚生労働省では「パソコンなどITを活用した時間や場所にとらわれない柔軟な働き方」と定義しており、在宅勤務の知名度を向上させるために作成したガイドラインにも記載されています。
こうしたテレワークは時間や働く場所にとらわれないストレスフリーな働き方として注目されています。