スマホ&アウトドア http://photosbymclean.com Thu, 16 Nov 2017 06:00:00 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 「Blaed S」のスペック http://photosbymclean.com/2017/11/17/article-20171117/ http://photosbymclean.com/2017/11/17/article-20171117/#comments Thu, 16 Nov 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/photosbymcleancom/2017/11/17/article-20171117/ タッチパネルとスクリーンを一体化させたインセル型タッチパネルを採用し、側面から背面にかけてのラウンドシェイプで握りやすさと優しい触感を実現させているスマホが「Blaed S」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約70ミリ、高さ約144ミリ、厚さ約7.7ミリ、重さ約132gという軽量コンパクトサイズになっています。
CPUはクアルコムの高性能CPUスナップドラゴン615オタクコアを搭載していますので、ハイパフォーマンスと低消費電力を実現させています。
カメラは約1,300万画素のアウトカメラと約500万画素のインカメラが搭載されており、広角28ミリとF2.0の明るいレンズを採用していますので様々なシーンで活躍します。
また、インカメラは80度のワイドビュー撮影ができますのでグループショットの自撮りも楽しむことができます。
バッテリーは2,400mAhという安心の大容量バッテリーを搭載していますし、ディスプレイは約5インチIPSインセルディスプレイが搭載されています。

]]>
http://photosbymclean.com/2017/11/17/article-20171117/feed/ 0
「ZenFone Selfie」のスペック http://photosbymclean.com/2017/11/11/article-20171111/ http://photosbymclean.com/2017/11/11/article-20171111/#comments Fri, 10 Nov 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/photosbymcleancom/2017/11/11/article-20171111/ 持ちやすさと背面キーの押しやすさが特徴のアルゴノミックデザインを採用しているスマホが「ZenFone Selfie」です。
背面キーでカメラのシャッターやボリューム操作が可能になっており、操作性に優れています。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約77ミリ、高さ約156ミリ、厚さ約3.9ミリ、重さ約170gになっています。
カラーバリエーションはシンプルなパステルカラーのホワイト、ピンク、アクアブルーの3色が用意されています。
CPUはクアルコムのSnapdragon 615オタクコアを搭載しており、メインメモリは2GBになっていますので省電力とパワフルさを兼ね備えています。
ディスプレイは約5.5インチのフルHD IPS液晶を採用していて、ゴリラガラスが使用されていますので耐久性にも優れています。
カメラは約1,300万画素のメインカメラとインカメラが搭載されており、メインカメラにはデュアルカラーLEDフラッシュとレーザーオートフォーカス、インカメラには広角レンズと独自のテクノロジーが搭載されています。

]]>
http://photosbymclean.com/2017/11/11/article-20171111/feed/ 0
「FREETEL MUSASHI」のスペック http://photosbymclean.com/2017/11/04/article-20171104/ http://photosbymclean.com/2017/11/04/article-20171104/#comments Fri, 03 Nov 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/photosbymcleancom/2017/11/04/article-20171104/ 2つ折りの携帯電話の使いやすさとスマホの便利な機能などを兼ね備えたスマホが「FREETEL MUSASHI」です。
2つ折りケータイ型スマホとなっており、使い慣れた物理ボタンで優れた操作性ですし、使わないときは折り畳んでコンパクトになりますので持ち歩きやすさも実現させています。
このスマホのスペックは、折り畳んだ状態の本体サイズは幅約63ミリ、高さ約123ミリ、厚さ約17.6ミリ、重さ約196gになっています。
カラーバリエーションはブラック、ホワイト、シャンパンゴールドの3色が用意されています。
CPUはMT6735Mクアッドコア1.0GHzでRAMが1GBになっています。
バッテリーは連続通話時間が約490分、連続待受時間が約210時間が可能な2,000mAhバッテリーを搭載しています。
ディスプレイは約4インチの大型液晶ディスプレイを搭載していますので見やすくて美しいグラフィックを楽しむことができます。
カメラは高精細な約800万画素のメインカメラと約500万画素の高品質インカメラを搭載しています。

]]>
http://photosbymclean.com/2017/11/04/article-20171104/feed/ 0
熱烈なファンに応える期待の1台――「Galaxy Note8」の魅力をひもとく http://photosbymclean.com/2017/10/28/article-20171028/ http://photosbymclean.com/2017/10/28/article-20171028/#comments Fri, 27 Oct 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/photosbymcleancom/2017/10/28/article-20171028/ 最先端の技術を盛り込み、ユーザーの期待に応えた「Galaxy Note8」です。このような忠誠心の高いユーザーがターゲットになっていることもあり、イベントで発表された「Galaxy Note8」は、最先端の技術を結集させた製品に仕上がっていました。大きな特徴は、アスペクト比9対18.5の6.3型「Infinity Display」。Galaxy S8/S8+と同様に、ギリギリまで細くしたサイドの額縁と左右が湾曲したエッジスクリーンが相まって、あたかも映像が浮かんでいるかのように見えるディスプレイは健在です。S8/S8+と同様にホームボタンを廃したこともあって、上下のベゼルも細いのです。しかも前面のカラーを黒に統一して存在感を薄くしているため、ほぼ全面がディスプレイのように見えるところがポイントです。ディスプレイの表示領域が広がったことで、Galaxy S8/S8+にはなかった、Noteシリーズならではのメリットも生まれます。「Sペン」で文字や絵を書けるのはGalaxy Noteならではの機能です。
スマホ初期化

]]>
http://photosbymclean.com/2017/10/28/article-20171028/feed/ 0
スマホの防水グッズが大活躍です http://photosbymclean.com/2017/09/21/article-20170921/ http://photosbymclean.com/2017/09/21/article-20170921/#comments Wed, 20 Sep 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/photosbymcleancom/2017/09/21/article-20170921/ スマホの防水機能は今はたくさんのスマホに付いています。
そんな防水機能なのですが、もちろん付いていないようなスマホもあったりしますよね。
そして、防水がついていても、やっぱりスマホに水というのは怖いものだったりします。
スマホを水から守るためにはやっぱりきちんとしていきたいものですよね。
そのためにも、防水グッズを利用するといいものですよ。
今ではスマホの防水グッズがたくさんあります。
なんと100円ショップにも多く揃っていますから、今のシーズンなんかはこういった商品を活用するといいと思いますね。
なかなか防水といってもどんなものを使用したらいいのか分からないものですよね。
でも、袋に入れる簡単に利用ができるタイプなどがあるので使ってもらいたいものです。
もちろん防水機能が付いていないスマホにはしっかりと使用をしてもらいたいです。
防水機能が付いているものも、海水なんかはダメな場合があったりしますよね。
そんな場合こういった防水グッズを活用してみてはどうでしょうか!
きっと夏には大活躍してくれる商品だと思います。
お風呂なんかでスマホを使用したい方にもこういった防水グッズはかなり活躍してくれると思いますね。

]]>
http://photosbymclean.com/2017/09/21/article-20170921/feed/ 0
水没しても使える、スマホを20台同時に充電できるポータブル「防水発電所」 http://photosbymclean.com/2017/09/18/article-20170918/ http://photosbymclean.com/2017/09/18/article-20170918/#comments Sun, 17 Sep 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/photosbymcleancom/2017/09/18/article-20170918/ システムトークスは、75,000mAhのリチウムイオン充電池を内蔵した防水・耐衝撃性に優れたケース「防水発電所」を発売しました。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は78,000円前後となります。75,000mAhの大容量蓄電池を内蔵した、IP67の防水・防塵性を備えたケースで、同ケースは、水害で一時的に水没しても耐えられ、地震で建物の倒壊などで衝撃を受けても、内容物を守れる防水性と耐久性を備えます。パソコンやテレビなどの電源供給や、スマートフォンを同時に20台急速充電可能。LED照明による停電時の灯りの確保が可能とし、災害時に求められる電力を供給できるようになっています。充電用19WのソーラーパネルとACアダプター、AC100Vの電化製品を使用できるACインバーター、LED電球(5W)、充電式LEDコンパクトライトを搭載しています。本体サイズは515×434×199mm(幅×奥行き×高さ)。重さは9kg。同梱のソーラーパネルは、19W単結晶シリコン太陽電池。ACインバーターの最大出力は200Wで、標準コンセントを2つ搭載しています。

]]>
http://photosbymclean.com/2017/09/18/article-20170918/feed/ 0
「Galaxy S8 SC-02J」のスペック http://photosbymclean.com/2017/09/14/article-20170914/ http://photosbymclean.com/2017/09/14/article-20170914/#comments Wed, 13 Sep 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/photosbymcleancom/2017/09/14/article-20170914/ スマホを持つのが当たり前となった時代ですので数多くのスマホが販売されるようになりました。
その数多くあるスマホの中でもハイスペックとされているのが「Galaxy S8 SC-02J」です。
このスマホのスペックは約5.8インチのクアッドHD+/Super AMOLED 有機ELを搭載しており、HDRにも対応していますので鮮やかな色合いで見て楽しめますね。
また、オタクコアと4㎇の内蔵メモリという高性能CPUとプロセッサも搭載しています。
ですので、起動が遅いアプリや動画などでも早く快適に楽しむことができると思います。
デザイン的特徴はすごくスリムでツルツルしたメタリック調ということでしょう。
ちなみにカラーバリエーションはグレー、ブラック、ブルーの3色が用意されています。
本体サイズは幅約68ミリ、高さ約149ミリ、厚さ約8ミリ、重さ約150gという縦長で握りやすいサイズになっています。
バッテリー容量は3,000mAhもあるので十分ですし、IPX5/8の防水機能やIP6Xの防塵機能が付いていますので安心です。防水スマホはこちら

]]>
http://photosbymclean.com/2017/09/14/article-20170914/feed/ 0
“カシオ、モータースポーツにインスパイアされたデザインのスマホ連携腕時計 http://photosbymclean.com/2017/08/29/article-20170829/ http://photosbymclean.com/2017/08/29/article-20170829/#comments Mon, 28 Aug 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/photosbymcleancom/2017/08/29/article-20170829/ カシオ計算機株式会社は、モータースポーツにインスパイアされたデザインの腕時計「RACE LAP CHRONOGRAPH EQB-800」シリーズ3モデルを8月10日より順次発売します。ラインナップおよび税別価格、発売日は、ブルーベゼル/IP処理/メタルバンドの「EQB-800DB-1A」が5万円で8月10日、シルバーベゼル/IP処理なし/メタルバンドの「EQB-800D-1A」が46,000円で8月10日、ブラックベゼル/IP処理/革バンドの「EQB-800BL-1A」が48,000円で9月8日です。スマートフォンと連携し、タイムサーバーを利用した正確な時刻取得が可能な“EDIFICE”ブランドの腕時計。カーレースの緊張感や臨場感をデザインと機能で表現したということです。日本のプロレーシングチームのアドバイスを受け、目標タイムに対するラップタイムの差を直感的に把握できる「ターゲットタイムインジケーター機能」を搭載しています。目標タイムの10秒前からカウントダウンし、高速で走行するレーシングカーが戻るタイミングを計れるため、チームスタッフはドライバーに的確なサインボード掲出を、観戦者は応援する車金の前を通過するタイミングを把握できるるようになっています。また、時計で計測したラップタイムは専用アプリ上でリスト/グラフ表示が可能で、目標タイムを上回った周回のハイライト表示ができ、時計単体では難しい、スマートフォンと連携した本製品ならではの表現を実現しました。10気圧防水で、電源はタフソーラーを採用しています。パワーセービングモード状態で約25カ月の連続稼動が可能です。

]]>
http://photosbymclean.com/2017/08/29/article-20170829/feed/ 0
LINEモバイル、「arrows M04」の取り扱いを開始、米国の人気スマホも http://photosbymclean.com/2017/08/28/article-20170828/ http://photosbymclean.com/2017/08/28/article-20170828/#comments Sun, 27 Aug 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/photosbymcleancom/2017/08/28/article-20170828/ LINEモバイルは、富士通コネクテッドテクノロジーズ製のSIMフリースマートフォン「arrows M04」の取り扱いを開始しました。7月3日から、米BLU Products製のエントリ向けモデル「GRAND X LTE」の販売も始めていて、ラインアップの拡充を図っているのです。5インチのIPS液晶ディスプレイを搭載した「arrows M04」は、防水・防塵、耐久性に優れ、米国国防総省が定めたMIL規格の23項目に準拠しています。富士通コネクテッドテクノロジーズ独自の落下テストでは、1.5mの高さから落下させても画面が割れない耐久性を検証済みで、新たに泡タイプのハンドソープで洗えるようになりました。スマホ初心者向けに、ホームとよく使う基本のアプリの操作がわかりやすく、文字も見やすい「かんたんセット」を搭載するほか、SIMフリー端末では数少ない、ワンセグ、おサイフケータイにも対応します。メインカメラは1310万画素、インカメラは500万画素となっています。OSはAndroid 7.1。カラーはブラック、ホワイトの2色で、販売価格は税別3万2800円です。BLU Productsは米国発の人気スマートフォンメーカーで、「GRAND X LTE」は、薄くスライスしたリアルアルミニウム部品を使用し、オールメタルのデザインと美しく精巧に作られた5インチの曲面ディスプレイが特徴です。

]]>
http://photosbymclean.com/2017/08/28/article-20170828/feed/ 0
生活防水よりも安心。多少浸かってもOK http://photosbymclean.com/2017/08/25/article-20170825/ http://photosbymclean.com/2017/08/25/article-20170825/#comments Thu, 24 Aug 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/photosbymcleancom/2017/08/25/article-20170825/ スマートフォンの防水性能は生活防水よりもしっかりしています。突然の豪雨でびしょ濡れになっても、うっかり流し台や洗面台で水に浸かるくらいは余裕です。こう聞くとついついどこまで濡れても平気か試したくなりますが、水温は5度~35度を想定。沸かしたお風呂に浸けるのはNGです。水道水(真水)を想定しているので、ジュースや塩水(海水)に浸けるのもNGです。汚れているからといって石鹸などで洗うのももちろんだめです。などなど「普段使いでうっかり水がかかったり、浸かってしまっても平気」くらいに思っておくのがいいでしょう。またプロモーションとして「水中で使っている」機種もありますが、基本的に水中で使うことは想定していない機種の方が多いです。スペック表で「IPX8」と書かれていない限り、無理に水中で使おうとしないのが、防水スマホとの正しい付き合い方です。防水だから濡れても平気!と思ったら、何故か濡れた後から調子が悪い……。いざ修理に出したら「水没しています」と言われ、防水ってなんなの!?……そうなる前に、しっかり確認しておきたいことをご介します。まず、端末の「キャップ」や「裏フタ」はキチンと閉めましょう。本体内に水が入り込まないよう、充電端子やイヤホン端子、裏フタにはゴムパッキンなどが施されています。ここがしっかり閉じられていなければ水は本体内に入ってしまい、防水機種であっても浸水・水没となってしまいます。またゴムパッキンは約2年ほどの利用で寿命を迎えるとも言われています。一定期間が経過したら預かり修理で交換が必要と明記されている場合もありますので、要確認です。
防水・防塵スマホとは?

]]>
http://photosbymclean.com/2017/08/25/article-20170825/feed/ 0