テレワーク導入で悩まされている人

東日本大震災を一つにきっかけに注目されるようになったのがテレワークです。
それと同時にスマートフォンやタブレットなどの普及も追い風となってテレワーク人口は徐々に増加してきました。
このテレワークをあまり良いと思っていない人が管理職である中間のマネージャークラスの人です。
テレワークは顔を合わせることがありませんしコミュニケーションも取りづらいので、そんな部下のマネジメントに苦労しているようです。
また、日本の企業の働き方には上司の顔色を伺いながら仕事を進める傾向がありますし、部下が目の前で仕事をしているという安心感もあります。
ですので、テレワークという本来ない働き方に戸惑ったり嫌ったりしてしまうのでしょう。
かと言って1日中、部下の仕事をオフィス内で監視するのは大変ですのでテレワークが必要と思う時もあるのではないでしょうか。
こうした問題はコミュニケーションをうまくとったりお互いに理解し合うことで解決できるかもしれません。https://works.rsupport.com

テレワークの現状とは?

テレワークは場所や時間にとらわれない働き方の一つで、情報通信技術を活用して柔軟な働き方ができると注目されていますし、実際に導入している企業もあります。
このテレワークの現状は決して良い傾向にあるとは言えず、総務省が発表した調査結果によりますと、テレワークを導入している企業の割合は約9%となっており、資本金50億以上の企業では約38%とされています。
また、国土交通省の調査結果では2014年で約550万人がテレワークしているとされており、週1日以上終日在宅で働くテレワーカーは約220万人ということです。
数字だけ見ても分かりにくいかもしれませんが、テレワークはまだまだ普及していないと言えるでしょう。
テレワークが普及しにくいのには仕事の量が少なかったりコミュニケーションが取りづらいなどの様々な理由が挙げられます。
しかし、IT技術の進歩や働き方改革、補助金の導入などによって、テレワークはこれから普及していくと思われます。

政府が取り組んでいるテレワークの普及や推進

テレワークの普及率は徐々に高くなっていますが、その要因の一つとして日本政府の取り組みがあり、テレワークの普及と推進に取り組んでテレワーカーの増加を目指しています。
では、政府はテレワークの普及推進でどのようなことに取り組んでいるのでしょうか。
テレワークの普及推進に向けた政府の取り組みは大きく分けて4つに分けることができ、内閣府、総務省、厚生労働省、国土交通省となります。
内閣府では働き方改革担当大臣の新設や国家公務員のテレワーク導入、総務省ではふるさとテレワーク推進事業や企業や自治体へのテレワーク専門家派遣、テレワーク導入企業の情報を検索できるデータベースの構築などです。
厚生労働省ではテレワークに関する相談や訪問コンサルティングの実施、テレワークモデルの構築や普及、両立に関するテレワーク活用事例の作成や周知などです。
国土交通省ではテレワーク人口実態調査の実施や展開拠点構築検討調査の実施などです。

テレワークによる従業員側のデメリット

数多くのメリットがあるテレワークですが、企業側だけではなく従業員側にも課題となるデメリットがあります。
その従業員側のデメリットはコミュニケーション不足や労働時間の長期化、時間の管理や運動不足などが挙げられます。
テレワークは基本的に自宅などで一人で作業しますので、必要なことがない限り誰ともコミュニケーションをとることがありません。
これがコミュニケーション能力の低下を招き、いざコミュニケーションをとろうとしても上手く伝えられないことがあるのです。
労働時間の長期化はいわゆる残業が増えてしまうことがありますし、時間の管理は慣れないテレワークで起こりやすい問題となります。
時間配分がうまくできなくて作業効率の低下を招いてしまいます。
運動不足はテレワークでも在宅勤務でよくあることで、通勤がないことだけではなくパソコンを使って作業しますので体を動かすことがほとんどありません。
また、仕事内容が限られてしまうことも課題と言えるでしょう。

テレワークによる従業員側のメリット

様々な場面で活用されているテレワークですが、事業継続性が注目されるにつれて導入する企業も増えてきました。
このテレワークを利用している人は増加傾向にあり、これはテレワークを利用することで様々なメリットが感じられるからです。
では、テレワークを利用している従業員側にはどのようなメリットがあるのでしょうか?
テレワークを利用する人のメリットは時間や精神的な余裕をもてることや仕事に集中できること、通勤の不要によって働けることなどが挙げられます。
時間や精神的な余裕をもてるのは、家事や育児をこなしてからでも仕事が自宅でできるという余裕がもてることです。
仕事に集中できるのは他に従業員がいないので、音や動きなどを気にせずに集中できるということです。
通勤の不要では家事や育児をこなす女性だけではなく高齢者や障害者なども困難な通勤が不要になります。
また、体が弱い人はインフルエンザなどの流行病などの感染からも身を守ることができるので安心です。

テレワークの自営型とは?

働き方改革などで話題になっているのがテレワークです。
そのテレワークは少しずつですが日本国内でも浸透しており、実際にテレワークで働きながら稼いでいる人もいます。
このテレワークには非雇用型の自営型という分類もあり、内職副業型勤務とSOHO(Small Office/Home Office)に分けることができます。
自営型のSOHOは自ら営業や宣伝を積極的に行って仕事を獲得する必要があり、場合によっては取引先のオフィスへ出向くこともありますが、多くの場合はスカイプやチャットワークなどでコミュニケーションをとります。
内職副業型勤務は在宅ワーク型とも呼ばれており、仕事のほとんどは自宅内で完結させることができますし、専業性が低くて比較的容易な仕事内容になっていますので主婦や学生などに多く利用されています。
このようなテレワークの自営型は、都合が良くてストレスフリーな環境で仕事ができるため、今後も注目されながら利用する人が増えていくと考えられます。

テレワークってなに?

様々な働き方がある中で最近、注目されているのがテレワークです。
テレワークとはICT(情報通信技術)を活用して自宅などのオフィス以外で働く勤務形態のことを言い、別の呼び方として在宅勤務やリモートワークなどと呼ばれています。
また、テレワークは遠距離や離れたところを指す「tele」と、仕事や働くという意味がある「work」を組み合わせた人事労務用語とされています。
このテレワークには厚生労働省と総務省が定めた定義があり、テレワークを推称している総務省では「ICT(情報通信技術)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方」としています。
厚生労働省では「パソコンなどITを活用した時間や場所にとらわれない柔軟な働き方」と定義しており、在宅勤務の知名度を向上させるために作成したガイドラインにも記載されています。
こうしたテレワークは時間や働く場所にとらわれないストレスフリーな働き方として注目されています。

「HTC Desire 626」のスペック

ポップで明るいカラーがデザイン的特徴となっており、持ちやすいサイズで誰でも操作しやすくて様々な便利機能が付いているスマホが「HTC Desire 626」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約70ミリ、高さ約146ミリ、厚さ約8.2ミリ、重さ約140gという薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルーとレッドが用意されています。
ディスプレイは約5インチTFT液晶ディスプレを搭載していてバッテリーは連続待受時間約800時間の2,800mAh大容量バッテリーを搭載しています。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン410クアッドコア1.2GHzを搭載していてRAMが2GBになっており、ストレージは16GBで200GBまで増やすことができます。
カメラは約1,300万画素のメインカメラと約500万画素のインカメラが搭載されており、どちらのカメラにもF2.4の明るいレンズが付いています。
また、オートフォーカスやタッチフォーカス、パノラマ撮影モードや顔認識機能も付いており、インカメラは1080pの動画撮影も可能になります。

「Liquid Jade 2」のスペック

大型ディスプレイにヘキサコアプロセッサを搭載し、小型コンパクトサイズながら大容量バッテリーを搭載しているハイスペックスマホが「Liquid Jade 2」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約76ミリ、高さ約139ミリ、厚さ約7.5ミリ、重さ約149gになっており、カラーバリエーションはゴールド、シルバー、ホワイト、ブラック、ブルーの5色が用意されています。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン808ヘキサコア2.0GHzを搭載していてRAMが3GBになっています。
ストレージは32GBで200GBまで増やすことができ、バッテリーは安心の3,000mAh大容量バッテリーを搭載しています。
カメラは約2,100万画素のメインカメラと約800万画素のインカメラが搭載されており、4K動画撮影に対応していますしデュアルLEDフラッシュライトやオートフォーカスなども付いています。
ディスプレイは約5.5インチSuper AMOLED液晶ディスプレイを搭載しています。
この他にはハイレゾ音源再生に対応していますし高性能指紋認証センサーが備わっています。

富士通製の「arrows NX F-01K」は、タフネス性能や新たに搭載される「Exlider(エクス ライダー)」

ドコモオンラインショップでの価格(税込)は、一括払いが8万8128円。24回の分割払いでは毎月の利用料金から割り引きます。「月々サポート」を適用した場合、新規/機種変更では2079円が割引されて実質価格の総額は3万8232円となります。MNPでは2565円が割り引かれ、実質価格は2万6568円となります。本体の電源キーに指紋センサー「Exlider(エクスライダー)」を搭載し、なぞるだけで画面のスクロールや拡大・縮小操作ができます。ボディーは耐久性とデザイン性を両立した独自の「NEW SOLID SHILED構造」を採用し、1.5mの高さからコンクリートへの落下試験をクリアしました。ディスプレイはフルHD(1080×1920ピクセル)の5.2型TFT液晶、メインメモリは4GB、ストレージは32GB、プロセッサはQualcommの「Snapdragon 660」(CPU部は2.2GHz×4コア+1.8GHz×4コア)となっています。アウトカメラは2300万画素、インカメラは500万画素、バッテリー容量は2580mAhで、指紋認証だけでなく虹彩認証にも対応しています。